Word(ワード)で以前のバージョンとの互換性を確認する方法と[互換モード]を解除するやり方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

同じワードを使用していても、バージョンによって使える機能は異なります

最新のバージョンで作成したファイルが、昔のワードで同じように表示されるのか不安になることがありますね。

また、以前のワードで作成したファイルを最新のバージョンで開くと、[互換モード]と上に表示されます。

これを解除する方法の2つを紹介します。

 

 「いつもの機能が使えない」と思った時は互換モードになっているかもしれないにゃ
スポンサーリンク

以前のバージョンとの互換性を確認する方法

例えば、下のファイルをワード2016で作成したとします。

メールで添付して送る宛先のオフィスのバージョンが2007だと分かっていた場合、そのまま表示されるか不安になりますね。

バージョン2013、2016の場合

そんな時は、左上の[ファイル]をクリックして、

最初から選ばれている[情報]の場所の右側で、[問題のチェック]をクリックして、

※ワード2016の画面

※ワード2010の画面

一覧の一番下にある[互換性チェック]をクリックします。

すると、[Microsoft Word 互換性チェック]の画面が表示され、[概要]の場所に機能が失われる可能性や、正常に実行されなくなる可能性のある場所が表示されます。

「この場所のこの機能が対応していないよ」と具体的に教えてくれるわけでは無いので、ある程度推測が必要になりますね。

 

また、初期設定では、Word97-2003のバージョンまで遡って対応しているかを確認します。

もう少し最近のバージョンとの互換性を確認したい場合は、[表示するバージョンを選択]をクリックしましょう。

すると、どのバージョンで開くとどうなるかを3つから選択できます。

※ワード2010は、2つから選ぶことになります。

ちなみに、[Word 2007]のみにしてみると、2007以降に対応したものは省かれるため、

下の[概要]一覧に表示される数が少なくなりました。

このように、どのバージョンで開く可能性があるかを考えてバージョン選択すべきですね。

また、右側に[ヘルプ]が表示されている場合は、

クリックするとマイクロソフトの「バージョン間の互換性の変更」というページに繋がります。

このページは、バージョンごとの対応一覧であり、個別に機能をチェックしてくれるわけではありません。

[互換モード]を解除する方法

以前のバージョンで作成したワードファイルを、新しいバージョンのワードで開くと[互換モード]で開きます。

[互換モード]になっているかは、画面上部のファイル名が表示されているタイトルバーを見れば分かります。

拡大するとこんな感じ。

ワード2010の場合はこんな感じ。

【互換モードの特徴】

以前のバージョンでも使えるように機能が制限される

そのファイルを今後どう扱うかによって、[互換モード]を解除するか考えましょう。

解除すれば最新の機能が使用できるようになります。

  • 前のバージョンで編集する可能性が無い場合・・・互換性を解除
  • 前のバージョンで編集する可能性がある場合・・・そのまま作業

 

では、解除する方法です。

左上の[ファイル]をクリックして、[情報]の場所の右側で、[変換]をクリックします。

※ワード2016の画面

※ワード2010の画面

表示された画面で[OK]をクリックすれば互換モードは解除されます。

※ワード2016の画面

※ワード2010の画面

まとめ

ワードのバージョン違いで作業する場合に必要な知識について紹介しました。

[互換モード]に関しては、解除すべきかを考える必要がありますね。

  • 前のバージョンで編集する可能性が無い場合・・・互換性を解除
  • 前のバージョンで編集する可能性がある場合・・・そのまま作業

 

いつも 同じバージョンのワードを使うとは限らないにゃ