Word(ワード)でのヘッダーフッターの使い方

Introduction

ワードでヘッダーフッターを使用する方法を説明します。

ヘッダーは用紙の上の余白、フッターは用紙の下の余白。

通常は文字が入力できない場所ですね。しかし、この場所を利用する様々な機能が用意されています。

文書の頭だからヘッダー、文書の脚だからフッターだにゃ

スポンサーリンク

ヘッダーフッターの特徴

ヘッダーフッターの特徴は大きく2つあります。

  1. 上下の余白が使用できる
  2. 挿入したものがすべてのページに表示される

この2つです。

ヘッダーフッターとは上下の余白ですが、用紙の中央にも図形などを挿入できます。それら入れたものが全てのページに表示されるのも大きな特徴。

下の画像は、1ページ目のヘッダーフッターが使用できる状態で、ワードアートで「あ」と入力し中央に移動、「200pt」にしたものです。全てのページに表示されていますね。

このように、全てのページに表示されるのが基本的な特徴なのですが、設定を変えることにより自分の好きなページのみ表示することもできます。

  • 1ページ目のみ、別設定ができる。
  • セクション区切りを追加すると、好きなページのみ設定できる。

これらは、次の「ヘッダーフッターの使い方」で簡単に説明します。

ヘッダーフッターの使い方

では、ヘッダーフッターを使ってみましょう。

上の余白か下をダブルクリックします。

すると、下のように上下の余白に文字が打てるようになり、

[ヘッダー/フッターツール]にリボンが切り替わります。

この中でよく使用するのは、[ページ番号]と[日付と時刻]です。

今回は、6ページある用紙のヘッダーに「あいうえお」と入力しました。

1ページ目に設定したのですが、下の図のように全てのページのヘッダーに入ります。

小さいので見にくいですが、赤い〇で囲んだ部分に入っています。

1ページ目だけヘッダーフッターを表示させない方法

1ページ目が表紙などで、ヘッダーを表示したくない場合は、[先頭のみ別指定]のチェックを入れます。

すると、下の図のように1ページめだけヘッダーの設定が表示されなくなります。

ヘッダーとフッターを閉じる方法

表示されている[ヘッダー/フッターツール]の1番右にある[ヘッダーとフッターを閉じる]をクリックすれば普段の編集画面に戻れます。

 しかし、もっと簡単に戻れる方法があります。

画面の中央あたりをダブルクリック。

こちらの方が早いですね。

ヘッダーフッターを好きなページのみ使用する方法

こちらは、少し難しい設定になります。

セクション区切りという機能を使用しなければなりません。

セクション区切りとは、文書の中のセクション(まとまり)を区切ってあげる機能です。

ヘッダーフッターの内容を切り替えたい場所にセクション区切りを入れ、さらにセクションのリンクを解除([前と同じヘッダー/フッター]をオフ)する必要があります。

その方法は、Word(ワード)でページ番号を設定する方法の後半「自由にページ番号を振る方法」が同じやり方になります。是非ご覧ください。

また、セクション区切りについて不安な方は、Word(ワード)でのセクション区切りの使い方で説明していますので、こちらを最初に読んでおいた方がいいかもしれません。

ヘッダーフッターを利用する場面

ヘッダーフッターを利用するのはどうような場面でしょうか。

ページ番号

長文のレポートや報告書などではページ番号が必須です。

ページ番号に関しては、Word(ワード)でページ番号を設定する方法に詳しい説明があります。是非ご覧ください。

セクション区切りを利用して自由にページ番号を振る方法なども解説しています。

日付と時刻

文章の最初ではなく、ヘッダーの右上に日付を入れたい場合がありますね。

日付の入れ方に関しては、Word(ワード)で日付や時刻を挿入する方法をご覧ください。

こちらのページの後半「日付を入れる位置」に、ヘッダーフッターを利用した日付の挿入方法の説明があります。また、全体を見ていただくと日付機能の詳細が分かりますよ。

会社などのロゴ

会社のロゴマークなどを全ページに付けておきたい場合もありますね。

こちらの画像をヘッダーの右上に配置すると、下のようになります。

透かし(ウォーターマーク)

文書の背景に、「至急」とか「サンプル」とか「複製を禁ず」のような透かしを入れることができます。

こちらに関しては、Word(ワード)での透かし(ウォーターマーク)の入れ方をご覧ください。

まとめ

上の余白や下の余白を使用することは多いですね。

しかし、余白というのは文書の体裁を考えると必ず必要な物です。しっかり空白の部分は用意し、文書全体がぎちぎちなイメージを与えないように注意が必要です。

また、ヘッダーフッター機能は、上下余白という使い方ではなく、前ページに何かを表示する場合にも活躍することも大切なので覚えておきましょう。

 思っていたより、いろんな場面で使える機能みたいだにゃ
スポンサーリンク
関連コンテンツ