Word(ワード)の画面表示の種類と切り替え方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

ワードには、5種類の画面表示が用意されています。

[印刷レイアウト][全画面閲覧][Webレイアウト][アウトライン][下書き]

それぞれ、作業する内容に合わせて最適な画面表示が用意されているのです。

それぞれの特徴について説明します。

 

 見た目を変えることができるにゃ
スポンサーリンク

画面表示の切り替え方

画面表示を切り替えるボタンは、

[表示]タブの左側に集まっています。

しかし、同じものが画面右下にショートカットで存在します。

拡大するとこんな感じ。

変更する必要がある場合は、通常こちらを使用すると思います。

各表示モードの説明

こちらの文書が、どのような表示になるかを例として説明していきます。

[印刷レイアウト]表示

ワードを起動した時はこの表示になっています。

通常の状態ですね。

印刷される状態を確認しながら作業できる表示モードです。

[全画面閲覧]表示

全画面表示になります。

先ほどの[印刷レイアウト]だと改行などの編集記号や、余白のマークが表示されています。

それらのマークも表示されないので、印刷したそのままの状態を確認したい場合はこの表示モードがおすすめです。(印刷プレビューと同じ)

また、画面の左上に小さなボタンがあらわれます。

蛍光ペンなどが使用できます。ワードをプレゼン資料として使うときにもおすすめですね。

また、右上に表示される[表示オプション]をクリックすると、

2ページ表示にできるなどの様々な機能が使用できます。

[Webレイアウト]

ワードで作成した文書を、ホームページに載せることができます。

しかし、そのままでは形が崩れてしまいます。

ホームページ(Webページ)はHTMLという言語で書かれており、ワードの画面をそのままの形で表示することはできません。

試しに、先ほどの文書を[Webレイアウト]表示にするとこうなってしまいます。

なんか、おかしなことになっていますね。

やはり[印刷レイアウト]で作成したものを、[webレイアウト]にするとデザインがおかしくなります。

[webレイアウト]表示ならば、ホームページに載せたときに、どのような表示になるかを確認しながら作成できます。

[アウトライン]

こちらの表示に切り替えると、画面上に[アウトライン]タブがあらわれます。

この機能を使用すると、段落に「レベル」が設定でき、そのレベルに応じて文章の段階を設定することができます。

また、下のように、画像などが省略され、文字情報のみになります。

こちらは、「大見出し」「小見出し」などが存在するような、長い論文や小説を書くときなどに便利なモードです。

文章全体の構成が見やすくなるという利点もあります。

[下書き]

画像などのレイアウトを極力排除し、文字に集中したいときに使用するのが下書きモードです。

画像や図形が消えました。

誤字脱字チェックで使えそうですね。

 

 色々ありすぎて、覚えられるかにゃー

まとめ

様々な表示モードを説明しました。

しかし、初心者の方は無理に覚える必要はないと思います。

理由は[印刷レイアウト]で十分間に合うからです。

以下が理由です。

[全画面閲覧]ですが、印刷プレビューが替わりになりますし、ワードの文書をそのままプレゼンで使用する機会もないと思います。通常PDFという形式に変更して使用する場合が多いでしょう。

[Webレイアウト]ですが、ホームページに載せるものは、しっかりWeb用のソフトウェアで作成するのが普通です。難しい話は避けますが、Webに載せるものをワードで作るのは極力避けたいところです。

[アウトライン]ですが、見出しは文字を大きくするだけで目立ちますし、いちいちレベルを設定しなくても全体を見やすくすることは可能です。無理して機能を使用する必要はないでしょう。

[下書き]ですが、文字情報だけに集中する機会は多くありませんし、[印刷レイアウト]でも十分に文字に集中できますし・・・。

 

ということで、初心者の方は「突然画面が変になったら、表示モードが切り替わっていないか確認して[印刷レイアウト]に戻す」という感じで、機能の存在だけ覚えておくのをおすすめしたいと思います。

ワードに慣れている方は、自分の用途に合わせて、どんどん表示を切り替えて作業効率をアップしましょう。

 

とりあえず最初の[印刷レイアウト]表示で何とかなるにゃ

 

前 → Word(ワード)の画面構成

次 → 文章を入力する画面の説明│行と段落の違い│行区切り

スポンサーリンク



ワード
Prau(プラウ)Office学習所