Word(ワード)のフィールドコードを常に表示、非表示にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

フィールドコードとは、ワードで文書の要素を自動化するためのコードです。

ワードを使用していると、フィールドコードが常に表示される設定になっていることがあります。

例えば、ワードでの計算式がそのまま表示されたり、

データへのパス(道筋)がそのまま表示されたり、

ホームページへのリンク(ハイパーリンク)がそのまま表示されたり。

これらのフィールドコードを常に表示するか非表示にするかの設定方法です。

 

 通常は非表示の設定になっているにゃ
スポンサーリンク

フィールドコードの設定場所

では、設定場所の説明です。

左上の[ファイル]をクリックして、

[オプション]をクリック

出てきた画面で、[詳細設定]をクリックして、少し下にある[値の代わりにフィールドコードを表示する]のチェックを外せばコードの結果が常に表示されるようになります。

拡大するとこんな感じ。

フィールドコードが非表示になり、コードの結果が表示されます。通常はチェックが外れた状態です。

 

あえて、常にコードを表示したい場合は、この場所のチェックを入れておきます。

まとめ

このフィールドコードですが、通常はチェックを外した状態にして、コードを見たい場合はショートカットキーを使用するのがお勧めです。

  • フィールドの更新・・・・・・・・・・「F9」
  • フィールドの表示/非表示 ・・・・・・「Shift」+「F9」
  • 全てのフィールドの表示/非表示 ・・・「Alt」+「F9」
  • 新規フィールドの挿入・・・・・・・・・・「Ctrl」+「F9」

これらを覚えておくと、フィールドコードの処理が楽になりますよ。

 

 フィールドコードを突然見るとビックリするにゃ

 

【関連】